自立立体駐車場の種類と特徴 - 自立立体駐車場の利点と欠点
  • 自立立体駐車場の種類と特徴

    自立立体駐車場には自走式立体駐車場と機械式立体駐車場の2種類があり、2階建て以上もしくは地下に建設されています。
    どちらも建物内に車を駐車するタイプの駐車場で、同スペースの平面駐車場よりも多くの台数を収容できます。自走式立体駐車場は自分で車を走行させて駐車する駐車場で、スロープと呼ばれる坂があるのが特徴です。

    自分で駐車するため、車を止めた階や場所をよく覚えておく必要があります。

    オンリーワンの自立立体駐車場に関する情報をご覧ください。

    最上階は屋根のない場合が多く、1階は柱が多い構造になっています。
    自走式立体駐車場には、フラットな駐車スペースとスロープを組み合わせたタイプと、駐車場全体をらせん状にしてスロープに面して駐車スペースを設けたタイプがあります。
    機械式立体駐車場は機械で車を移動して駐車スペースに収める駐車場で、二階建てベットのように車の上に車を駐車する多段式タイプのものや、スライドパズルのように上下左右に動かしてスペースをより効率よく駐車するタワー式タイプがあります。

    どちらも限られたスペースに多くの車を駐車できるのが特徴です。



    ターンテーブルやパレットと呼ばれる場所に車を止めると、あとは自動で車庫に入れてくれます。車内に忘れ物をすると再度出庫するのに時間がかかるので、よく点検してから入庫すると良いです。



    自立立体駐車場は、国土交通大臣や指定機関の審査を受けて認定された認定駐車場も多く、安全性が重視されています。
    また、自立立体駐車場は駐車スペースが限られている都心等で、駐車場設置率を高めることに貢献しています。