スペースを有効活用できる自立立体駐車場 - 自立立体駐車場の利点と欠点
  • スペースを有効活用できる自立立体駐車場

    必要最小限の設備で運営できる自立立体駐車場は、狭い土地を有効活用したい方にとって非常に便利なものとなっています。一般的に立体駐車場というと自動車を何台も格納するための設備や大規模な昇降設備を必要とするため、最初に投資する価格が大変膨大になります。

    お手軽さが魅力の自立立体駐車場の価値ある情報を探してみてください。

    ところが自立立体駐車場の場合は格納する設備を設置するだけで済むため、初期投資額を少なく抑えることが可能です。しかもより多くの駐車スペースを確保できるため、同じ狭い土地でも高い利益を上げることが可能になります。
    省スペースで高い利益率を上げる自立立体駐車場の経営が近年人気となっていて、開業する人が毎年増加傾向にあります。
    なかには一般的なガレージを建設するのと大差ないような、リーズナブルな製品も存在しています。

    土地の限られたスペースを有効活用しながら2台目以降の自動車の駐車も可能となる手段として、新たな解決策を提案しています。

    自立立体駐車場の特徴は、収納スペースまではドライバーが運転するという自走式の要素が含まれていることです。そのため場内で事故が起こる可能性が高く予防する対策が必要で、駐車スペースの確保に関して自動車の特性を十分理解しておかなければなりません。
    機器が故障すると損害を生み出す可能性があるため、定期的なメンテナンスは必ず行うようにします。



    初期投資が安いからといって経営は安易にできるものではなく、経営計画をしっかり立てることが重要です。